前処理・分析のご相談ならエーエムアール(AMR)へ

自動化システムCHEMSPEED AUTOPLANT/MULTIPLANT

エーエムアール株式会社 > 実験ステップから探す > 分離・精製・合成 > 自動化システムCHEMSPEED AUTOPLANT/MULTIPLANT

温度、圧力、撹拌などの反応条件を個別に制御
CHEMSPEEDのプロセス開発用自動化システム

ラボ用自動化装置「CHEMSPEED」は、60種以上の様々なツールを組み合わせて自動で使い分けることにより、研究開発における一連の工程をオートメーション化する自動化システムです。
プロセスリサーチ用システム「MULTIPLANT/AUTOPLANT」は、固体サンプルも液体サンプルのように高機能リアクターに直接分注。前処理、多段階合成、ワークアップ、精製、分析までワークフローを完全自動化します。


CHEMSPEEDソリューション関連ページ

CHEMSPEEDはお客様のワークフローに合わせた独自のオートメーションシステムとして構築します。R&Dの各ステップのために開発されたシステムや多彩なロボットツールなどを下記ページにてご紹介しております。

粉体の自動分注を用いたサンプル前処理自動化
合成(スクリーニング)自動化ソリューション
プロセス開発自動化ソリューション
処方開発自動化ソリューション
塗料開発の自動化ソリューション
CHEMSPEEDロボットツール一覧


ハイスループット&ハイアウトプットなラボオートメーションを

CHEMSPEEDプロダクトコンセプト

ラボ用自動化装置「CHEMSPEED」は、研究開発における各ステップーサンプル前処理、合成、プロセス開発、処方開発、塗料開発、テスト・品質管理ーを自動化するために開発されました。それぞれの工程のための専用システムを自在に組み合わせ、ユーザーに合わせた独自のオートメーションシステムを提供します。

自動化導入によるラボの働き方改革~CHEMSPEEDを用いた研究開発自動化~

エーエムアールでは働き方改革のひとつとして自動化システムの導入を提案しております。本動画では研究開発用自動化システムCHEMSPEEDの装置概要を紹介しています。


ワークフロー別ソリューション一覧

サンプル前処理の自動化:SWING
合成:ISYNTH
プロセス開発:MULTIPLANT / AUTOPLANT
処方開発:FORMAX / EMUSIFIER
塗料開発:APPLICATOR
テスト・品質管理:INVESTIGATOR
統合型ワークステーション:FLEX SHUTTLE


ウェビナー

日本語字幕を追加いたしました

Combining AI and Automation Towards The Prediction of Crystal Structure Landscape-デジタル設計と機能性材料の発見-

本動画はChemspeed TechnologiesによるR&DおよびQCラボの自動化・デジタル化に関するウェビナ―に日本語字幕を追加したものです。


研究開発の自動化をテーマとしたウェビナーをアーカイブで公開中

製造メーカーChemspeed Technologiesでは様々な業界における研究開発の自動化をテーマにウェビナーを開催しております。過去に開催されたウェビナーはアーカイブでご覧いただけます。

ARTIFICIAL INTELLIGENCE DRIVEN AUTONOMOUS LAB BY IBM & CHEMSPEED

視聴はこちらから(外部サイト)

The IBM and Chemspeed collaboration opens doors for a new era in synthetic chemistry with wide implications for the pharmaceutical and chemical industry.
Teodoro and his team push the boundaries of AI-driven lab-automation at IBM Research Europe and have successfully implemented predictive retro-synthesis in silico with the autonomous execution by a Chemspeed automated synthesis workstation.


HOW TO BENEFIT FROM DIGITALIZATION IN REGULATED COSMETICS QUALITY CONTROL

視聴はこちらから(外部サイト)

The cosmetics industry is experiencing a historic disruption. This requires timely adaptation in R&D and QC due to harsher regulations and fast changing formulations.


DATA SCIENCE-DRIVEN AUTONOMOUS REACTION OPTIMIZATION BY UBC, MERCK CO., INC. AND CHEMSPEED

視聴はこちらから(外部サイト)

Data driven high-throughput experimentation is enabling accelerated screening within pharmaceutical companies. New data science tools combined with machine learning are being implemented to efficiently tackle multivariate reaction optimization challenges.
Melodie Christensen, from Merck & Co., Inc., and UBC will give an overview of the use of automation in her Data Rich Experimentation (DRE) lab and her move towards autonomous reaction screening in conjunction with digitalization.


MACHINE LEARNING-DRIVEN DIGITAL TRANSFORMATION OF THE COATING INDUSTRY

視聴はこちらから(外部サイト)

We are pleased to announce Dr. Jost Göttert and Dr. Christian Schmitz from the HIT Institute of Surface Technology based at the Hochschule Niederrhein in Krefeld.
Our guests will present recent advances in digital chemistry related to high throughput experimentation and machine learning which enables acceleration and optimization of coatings formulation development.
They will illustrate their “iHIT Solution Engine” process with practical examples, and discuss how to use the Digital Model Information.


ACCELERATED MATERIALS DISCOVERY ENABLED BY SYNTHETIC SYSTEMS

視聴はこちらから(外部サイト)

ACCELERATED MATERIALS DISCOVERY ENABLED BY SYNTHETIC SYSTEMS Dr. Alan Aspuru pushes the boundaries of autonomous lab work by combining computation, machine learning and workflow solutions. Together with collaborators around the globe he conceives platforms with the ability to self-optimize their output and, bit by bit, decrypt the art of chemistry.
Alan will present a DARPA-funded collaboration involving the groups of Lee Cronin, Jason Hein, Bartosz Grzybowski and Marty Burke that aims to create self-driving laboratories and make better optoelectronic materials. We will discuss the project alongside recent progress in AI for chemistry.


CHEMSPEED AUTOPLANT / MULTIPLANTについて

CHEMSPEEDの「AUTOPLANT/MULTIPLANT」はプロセス開発用の高機能リアクターを搭載した自動化システムです。プラントスケールの工業プロセスをラボでも実験できる高機能リアクターは、温度・圧力・撹拌速度などのパロメーターを個別に設定でき、一度の実験で複数のリアクターを同時に制御します。また、反応中のリアクターへのサンプルの添加や、液相・気相からのサンプリングも可能です。


アプリケーション例

・Organic synthesis & scale-up
・Crystallization
・Ligand synthesis & scale-up
・Organometallic synthesis & scale-up
・Ziegler-Natta synthesis
・Polyolefin prepolymerizations, solution-, slurry-, bulk-, gas-phase, multi-stage syntheses
・Living / controlled, emulsion, suspension, mass polymerizations
・Impregnations
・(Mixed) oxide, zeolite syntheses
・Catalyst testing in batch, semi-continuous, continuous mode
・Nanomaterials syntheses
・Biomass pretreatment and conversion


プロセス開発自動化について

プロセス開発自動化に関するソリューションの詳細はこちらをごらんください


プロセス開発用高機能リアクター

特許取得済みの高精度秤量機能付き分注ツールを始めたとした多彩なツール

シリンジポンプ付き液体ハンドリングツール「4 Needle Head」

1 mL、10 mL、25 mL(体積ベース)
粘度範囲:1 mPa・s〜200 mPa・s
・HPLCへのインジェクション
・pH測定
・有機層除去(液液抽出)

そのほか60種以上のロボットツールをラインナップ。詳細はこちら


3rdパーティシステムのインテグレート

Chemspeedはデッキ上またはデッキ外にさまざまなサードパーティコンポーネントを統合します。
・レオメーター
・遠心分離機
・マイクロウェーブ
・GC、HPLC、GPC、NIR、PSD
・クライオスタット
・真空ポンプ


研究開発を行う幅広い業界へ対応

製薬
農薬
ファイン&スペシャリティケミカル
再生可能エネルギーおよびエネルギー研究
触媒
ポリマー
セラミックおよび研磨剤
多孔質材料
ナノマテリアル
生体材料
潤滑剤
塗料およびコーティング、接着剤
ホームケア製品
パーソナルケア
栄養学
法医学
など

製品資料

装置に関する詳細はお気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせフォームはこちら 

動画

FLEX AUTOPLANT - Quality by Design Solutions for Automated Process R&D and Preparative Synthesis