前処理・分析のご相談ならエーエムアール(AMR)へ

直接分析ソリューション

エーエムアール株式会社 > 実験ステップから探す > 直接分析ソリューション

前処理不要の迅速分析やリアルタイムで変化していくサンプルなど
分析用途に応じたアンビエントイオン化によるイオン源を提案します

質量分析において多角的なアプローチを考える際にアンビエントイオン化を用いた直接分析という視点はいかがでしょう。
大気圧下で使用される直接イオン源はその簡便さ、迅速さによってさまざまな分析用途でお使いいただけます。エーエムアールでは、かざすだけで瞬時にイオン化が可能な大気圧イオンソース「DART」をはじめとしたユニークなイオン源を取り揃えており、お客様それぞれのニーズを満たすイオン源を提案いたします。


アンビエントイオン化による簡便かつ迅速な分析でもっと手軽に質量分析

例えば、前処理不要な直接イオン源ではサンプル形状を問わないイオン化が可能です。前処理工程を省くことで時短にもつながります。易分解性のサンプルもカラムを通さずに分析でき、また逆に、溶解に時間のかかる成分は溶解処理の必要がありません。
または、直接イオン源による揮発性成分の測定は、食品や飲料品の香りの測定、例えば飲食中のレトロネーザルアロマの継時的な変化を追うことができます。そのほかににおいのリアルタイム変化や劣化成分の測定など短時間で変わりゆくサンプルの分析にも有効な手段です。
昨今は分析分野でもヘリウムガスの入手困難が問題となっておりますが、キャリアガスにヘリウムを使用しないイオン源もあります。


こんなサンプルの分析がしたい、もしくは現在行っている測定で困っていることはありますか?
お客様の分析用途に合わせた直接イオン源をご紹介いたします

エーエムアール取扱いの直接イオン源


DART-OS(Open Spot)

APCI方法をベースにヘリウムガスを使うことにより、高いサンプルの揮発効率、APCIよりもソフトなイオン化を行います。固体、気体、液体問わずリアルタイム質量分析が可能です。IonSence社製

DART-JS(Jump Shot)

DARTの最新型は自動化システムがパワーアップしました。レールの高精度・高速化により従来よりもさらに短時間で測定が可能。またパルス機能によりヘリウムガスの消費量が大幅に削減できます。IonSence社製

SICRIT

独自のフロースルー構造の放電技術による効率的なイオン化。揮発性成分の高感度分析に最適。Plasmion社製


ASAP

専用ガラス棒に付着させた固体および液体サンプルをAPCIによるイオン化。質量分析機器メーカー各社(※)APCIイオン源に取り付け可能な直接イオン化装置です。※詳細はお問い合わせください。IonSence社製

DCD(Dark Current Discharge)

エーエムアール独自の特許技術を利用した新規のアンビエントイオン源。より導入しやすく手軽に使用いただけます。ASAPよりもサンプルの幅が広く、ASAPよりもソフトにイオン化が可能です。開発中につき詳細はお問い合わせください

時短分析

分析時間を短縮し、大量のサンプルを分析が可能です。時間のかかる前処理工程を省略できるため時短分析に適しています。

合成品の確認やポリマー中の可塑剤の判別など、クロマトにかける時間を省略したい

DARTを用いた製品中に含まれる異物のプレスクリーニング分析

形成された製品をDART-OS/JSにそのままかざして測定します。製品の形状そのままで測定できるので異物解析を迅速に行うことが可能です。
例)ペットボトルのふたなどプラスチックサンプルに含まれるフタル酸エクセルのスクリーニングなど異物解析
例)トウガラシに含まれるカプサイシンの検出

プラスチックに含まれるフタル酸エステルのプレスクリーニング分析の例。標準物質からはRoHS規制対象すべてのフタル酸エステルが検出され、プラスチックサンプルからは特定のフタル酸エステルのみが検出されています。

ASAPを用いた難溶解成分の迅速分析

専用のガラス棒にサンプルを付着させ迅速かつ簡便な分析が可能

たくさんのサンプルを測定し、リモートで解析したい

DART-JSに様々な自動化機能を追加

DART-JumpShotでは分析用途に合わせ様々な自動化機能を追加可能です。写真は最大12サンプルを測定可能な「Quick Strip」

ASAPを用いた合成物の迅速分析

ASAPのサンプリングは専用のガラス棒にサンプルを塗布するだけで完了します。溶離条件の決定が困難な新規合成品の生成確認も簡単に行えます。

リアルタイム分析

サンプルを瞬時にイオン化し、質量分析装置へ導入する直接イオン源は揮発性成分のリアルタイム分析に適しています。

香気成分を継時的に測定。においのリアルタイム変化を追う

DART-OS+SIU(におい分析用モジュール)

DART-OSのにおい分析用モジュール「SIU」をセット。使い捨てタイプのにおい分析ユニットです。飲食中の喉から鼻へ抜ける風味の変化、レトロネーザルアロマの分析にも利用可能です。

ユリ香のリアルタイム直接質量分析
サンプルとしてユリの花を直接測定。特徴的な成分の検出を行い、開花日からの香りの変化を追跡しました。

SICRITを用いたVOCs(揮発性有機化合物)の直接オンラインスクリーニング

コーヒー豆を焙煎し、前処理なく焙煎によって生じたコーヒーアロマをモニタリング

ガスクロマトグラフィー

SICRIT

ガス分析に特化したSICRITイオン源はガスクロマトグラフィーと接続して利用することが可能です。高性能LC-MSに接続することにより、これまでのGC-MS分析では困難な高分解能分析が可能になります。

レトロネーザルアロマ分析

DART-OS(Corona++)

Retronasal Aroma Simulator法を応用し、気体の出口にDARTを配置することで香気成分のリアルタイムに測定、レトロネーザルアロマ分析が可能です。

直接分析

クロマトで分解しやすいサンプルや逆に難溶性サンプルを溶かさずにそのまま直接分析が可能です。

錯体などクロマトで分解してしまうサンプル

DART-OS/DART-JS

DART-JSはガスのパルス機能によりこれまでよりもヘリウムガスの消費量を抑えることが可能です。進化した連続分析機能により、大量のサンプルの分析をサポートいたします。

 

易分解性のサンプルもカラムを通す必要なく分析が可能

DART-OS/DART-JSを用いた半導体材料の直接分析

合成品の確認を迅速に行うことができます。Positive、Negative双方のイオンが生成するため広範な化合物に対応できます。金属錯体も測定できるものがあります。

 

高分子など難溶性の材料も溶解の処理なく測定可能

DART-OS/DART-JSを用いたNRゴムの分析

カーボンブラックを含む加硫ゴムなど溶解が困難な高分子材料も直接分析が可能です。

アドバンスト分析

LCMS用のイオン源のほかにGCに取り付ける、SPMEをMSにダイレクトで注入するなどの分析も可能です。

APGCとしての運用

GCの検出器としてSICRIT

SICRITはGCの検出器としても使用可能です。GC-SICRIT-MSでは主に[M+H]+が観察され、EIとは異なるソフトイオン源としてご利用できます。

 

SPMEを高感度MSで測定したい

SICRIT

専用SPMEインジェクターを接続しSPMEを利用した高感度分析が可能です(SPME Arrowも使用可能)。

ヘリウムガスを使わないイオン化

キャリアガスに窒素やアルゴンガスを用いたイオン化が可能なイオン源もあります。

供給不足や価格高騰により入手困難になりやすいヘリウムを用いないイオン源

SICRITキャリアガスは:窒素

フロースルーソフトイオン化技術によるイオンソース。効率的なイオン化が可能で揮発性成分の高感度分析に適しています。

 

DCDキャリアガス:アルゴン

AMR製の小型アンビエントイオン源です。固体、液体、気体サンプルを測定でき、幅広いアプリケーションに対応します。キャリアガスにはアルゴンガスを利用します。

DART-OSにオプションでCorona++を組み合わせて感度向上、アルゴンガスを利用可能に

DARTにコロナニードル電極「Corona++」を追加で感度向上のほかに、キャリアガスにアルゴンを使用することが可能となります。

 

導入コストを抑えたい

直接分析を行いたいが、導入コストは抑えたい場合、測定したいサンプル形状に合わせ、イオン源を選択可能です。

固体・液体サンプル

ASAP

各社MSに接続可能です(Thermo、Agilent、Sciex、島津製作所)

 

固、液、気体サンプルに対応

DCD

前処理不要で測定でき、固体サンプルの測定からレトロネーザルアロマまで幅広いアプリケーションに対応します。高い汎用性とアクセシビリティを持ち従来のイオン源よりお手軽に導入いただけます。※開発中の製品につき詳細はお問い合わせください。製品名、仕様は変更となる場合があります