前処理・分析のご相談ならエーエムアール(AMR)へ

Aurora Series Auroraカラム

「nanoZero®」フィッティング技術でデッドボリュームなく
プラグアンドプレイ方式のユーザーフレンドリーなナノHPLCカラム

■製品名

 Aurora UHPLC Column with nanoZero®
 5cm Aurora Series emitter column NEW
 15cm Aurora Series emitter column
 25cm Aurora Series emitter column
 Aurora UHPLC Column with nanoZero®+CaptiveSpray Insert(CSI)
 5cm Aurora Series emitter column with CSI NEW
 15cm Aurora Series emitter column with CSI
 25cm Aurora Series emitter column with CSI

 見積依頼はこちら 

Auroraカラムの特長

1.6 μm粒径のC18で高分離能

 IonOpticks社のAuroraシリーズカラムは、1.6 µm粒径のC18で高分離能の ナノキャピラリーカラムです。デッドボリュームを除去するように開発された独自の設計で、シャープなピークを達成します。
 15cm(ID75μm)、25cm(ID75μm)のカラムの他に、新たにハイスループット解析用に5cm(150μm)のカラムがラインナップに加わりました。

デッドボリュームをゼロにする
nanoZero®とエミッター一体型のカラム設計

 「nanoZero®」によるフィッティング技術でカラム間のデッドボリュームをゼロに。 
エミッターチップと一体型になったESIカラム及びキャプティブスプレーカラム設計です。

独自開発のフィッティング「nanoZero®」
ユーザーフレンドリーな構造で簡便に接続可能

 カラムとの間に隙間なく取り付けられるのでデッドボリュームがなくなります。

製品仕様・関連商品

Auroraカラム価格表

品番 品名
 AUR05150C18A  Auroraカラム 5cm×150μm,
 1.6μmFSC C18(ESI)
 AUR15075C18A  Auroraカラム 15cm×75μm,
 1.6μmFSC C18(ESI)
 AUR25075C18A  Auroraカラム 25cm×75μm,
 1.6μmFSC C18(ESI)
 AUR05150C18AC  Auroraカラム5cm ×150μm,
 1.6μmFSC C18(CSI)
 AUR15075C18AC  Auroraカラム15cm ×75μm,
 1.6μmFSC C18(CSI)
 AUR25075C18AC  Auroraカラム 25cm×75μm,
 1.6μmFSC C18(CSI)

※製品の価格はお問い合わせください

製品スペック

 固定相  C18
 カラム長さ  250 mm/150 mm
 粒子径  1.6μm
 ポアサイズ  120 Å
 内径  75μm
 耐圧  1200 bar
 温度制限  60 ℃ (Low pH)
 pH範囲  1~8

ユニバーサルカラムオーブン
加温することで溶媒粘度を下げ、安定送液が可能となります
¥1,100,000(税別)

Dream Spray
クローズドナノスプレーソース。クローズ式でバックグラウンドが低減※別途ナノイオンソースが必要です
¥700,000~(税別)

Auroraカラムのアプリケーション一例

Auroraカラムと他社製カラムとの同定率の比較

エミッターと一体型になったAuroraシリーズカラムと、他社製品のカラム(50 cm×75 µm、エミッターありなしの2種)を用いた1 µg Helaセルトリプシン消化の結果の比較。Thermo Q-Exactive Plusで測定。

異なる製造ロットのカラムでも高い再現性

それぞれ異なる製造ロットのAuroraカラム2本による、200 ng Helaセルトリプシン消化のベースピーククロマトグラム。サンプルは55 ℃、400 nL / minで5 %から35 %Bで90分間のグラジエント、Thermo Q-Exactiveで測定。結果は、2本のカラムの保持時間とピーク分離能が一致していることを示している。

タンパク質とペプチドの同定数

200 ngのHelaトリプシン消化をそれぞれ異なるグラジエント(17分間、90分間)と、2種のカラム長さで測定。縦軸は、各条件でそれぞれ同定されたタンパク質およびペプチドの数を表し、短いグラジエントでも、高い同定数を示している。Bruker timsTOF Proで測定。

堅牢なパフォーマンス

500 ngのリン酸化ペプチド(TiO2)を濃縮した急性骨髄性白血病細胞のトリプシン消化物を70回インジェクションし、カラムの堅牢性と寿命をテストした。 サンプルは55 ℃、400 nL / minで5 %から35 %Bで90分間のグラジエント、Thermo Q-Exactive HF-Xで測定。 1回目、35回目、70回目のリテンションタイムとカラム分離能はそれぞれ一貫した結果を示している。

製品カタログ・資料

論文・アプリケーション等

Phosphoproteomics using Aurora columns helps identify mechanisms of conformational plasticity.
 詳細はメーカーHPをご覧ください