ライフサイエンス分野における研究・分析のご相談ならエーエムアール(AMR)へ

PAL RTC

ニーズに合わせたオンデマンドシステム

CTC社製PAL RTCは従来のオートサンプラーから進化した次世代型のロボットシステムです。
オートサンプラーの基本的なインジェクション機能に、様々な前処理作業を追加することが可能です。
更には、オートサンプラー機能は用いず、独立したロボットとして作業を行うこともできます。
アプリケーションパッケージだけでなく、お客様のニーズに合わせて
必要なモジュール類を組み合わせた独自のシステム構成とメソッドをご提供することが可能です。

もちろんパッケージ同士の組み合わせも可能です(一部パッケージを除く)。
こんなことができたらいいのに、とお考えの際は、先ずは当社にご相談ください。

取扱パッケージ例

「誘導体化」パッケージ
「Bligh & Dyer法(液液抽出)」パッケージ
「LC,GC等 インジェクション」パッケージ
「スタンダード調製」パッケージ
「固相抽出」パッケージ
「フィルターろ過」パッケージ
「MCPDおよびグリシジルエステル測定用」パッケージ
「MOSH/MOAH測定用」パッケージ(LC/GC)

価格など詳しくはお問い合わせください

特 長

RTCならさまざまなメソッド開発も自由自在

  • インジェクションツール交換も完全自動化
  • 新オプション"遠心機ツール"
  • 新オプション"ピペッターツール"
  • 各社のGC、GC-MSへ搭載可能
  • スタンドアローンで前処理専用機としての使用も可能
  • さまざまな誘導体化のメソッド開発もOK
特 長

機 能

パークステーション

パークステーション

"250uL→10uL"といったサイズの異なるシリンジへ自動交換が可能です。

また、液体インジェクションツールから、SPMEインジェクツールへの交換も可能です。

希釈や分注、誘導体化といったこれまで手作業で行っていたさまざまな前処理を、RTCなら全自動化させることが可能です。

・パークステーションに3つまで分析ツールを装備可能

・最大でパークステーション×2を配置OK

・SPMEファイバー×6種を装備させ、全自動スクリーニングも可能

ヘッドスペースツールから液体インジェクションツールへ交換
ヘッドスペースツールから液体インジェクションツールへ交換

サンプルトレイとホルダー

サンプルトレイとホルダー
サンプルトレイとホルダー

1枚のトレイホルダーに、最大3枚のサンプルラックを搭載可能です。
これにより、さまざまな誘導体化試薬などを配置させることで、複雑な前処理メソッドを作製できます。

3x MTP 4-384
3x DW 6-96
3x VT12、VT15、VT54 or VT70
1x Rack R60
※トレイの組み合わせは自由です。(最大3つまで)

・VT12:12x 40mL バイアル
・VT15:15x 10 or 20mL バイアル
・VT54:54x 2mL バイアル
・VT70:70x 1mL バイアル
・R60:60x 10 or 20 mL バイアル

ボルテックスミキサー(液-液抽出・攪拌)

ボルテックスミキサー(液-液抽出・攪拌)
2mL、10mL、20mLのバイアルを使用したボルテックスによる攪拌と、液-液抽出の自動化を実現しました。
サンプルと複数の誘導体化試薬を攪拌させることができ、さらに、攪拌されたバイアルをアジテーターへ搬送し、加熱・反応も行えます。
また、液-液抽出の抽出液をGCへ注入することもできるため、さまざまな工程を自動化させることが可能です。
・適用バイアルサイズ:2mL/10mL/20mL
・2液相 混合溶媒抽出
・最大2000回転/分
液-液抽出/攪拌
液-液抽出/攪拌
液-液抽出/攪拌
液-液抽出/攪拌
液-液抽出/攪拌
・ディスクリミネーションの低減のため、GCインジェクションタイムを100msまで低減
・スプリット、スプリットレスモード、どちらにも対応
・バイアルボトムセンシング機能により、確実に極小サンプルを吸引。たった5ulサンプルから1ul注入×3回も可能

アジテーター(サンプルの加熱・攪拌)

アジテーター(サンプルの加熱・攪拌)
・処理能力:20mL(2mL、10mL)バイアル×6
・温度範囲:40-200℃
・アジテーション範囲:250-750rpm

ファイバーコンディショ二ングステーション

ファイバーコンディショングステーション
・最高設定最大350℃
・GCランタイムに影響を与えずファイバーのクリーンアップ
・洗浄ポートが2つあるため、マニュアルでのクリーニングも可能

Peltier Stack 2DW Module(サンプルの冷却保存)

Peltier Stack 2DW Module(サンプルの冷却保存)
冷温下(温度設定範囲:4℃-40℃)で、サンプル保存することが可能です。
熱分解が懸念されるサンプルの保存に最適です。
最大でサンプルラックを6個保存することができます。
・2x MTP 4-384
・2x DW
・2x VT15(only 10mLバイアル)
・2x VT54 or VT70
サンプルトレイの組み合わせは自由です。

ウォッシュモジュール(大量注入/洗浄用)

ウォッシュモジュール(大量注入/洗浄用)

①ラージウォッシュモジュール
2x 100mL ソルベントリザーバー
廃液ポート付

②ソルベントモジュール
3x 100mL ソルベントリザーバー

3つのインジェクションツール

液体インジェクションツール
液体インジェクションツール
・ニードル長さ:57mm or 85mm
・シリンジサイズ:1.2μL/5μL/10μL/100μL/250μL/500μL/1mL/10mL
SPMEツール
SPMEツール
・New SPMEホルダー
・簡単なSPMEファイバー交換
・適合ファイバー長:10mm or 20mm
ヘッドスペースツール
ヘッドスペースツール
・シリンジサイズ:1,000μL/2,500μL/5,000μL
・ヒーター温度:40℃~150℃(in 1°steps)
・フラッシュガス:He or N2(through X-Y-Z rail)

バーコードリーダー

バーコードリーダー

・適用バイアルサイズ:2mL/10mL/20mL
・2スキャニング方式により確実にバーコードを読み取り

PAL Sample Control&Terminal(ソフトウェア・ハンディターミナル)

PAL Sample Control&Terminal(ソフトウェア・ハンディターミナル)

・視覚化されたスケジュール(オーバーラップドインジェクションのグラフ化など)
・分析開始、終了時間の表示
・優先順位の高いサンプルの割り込み分析が可能

※PAL Sample Controlは、各MSメーカーのCDS・MS-Data Systemsをサポートしています。
※PAL Sample ControlソフトウェアはAMR(VAR)からの独占販売です。

PAL Terminal controller + Terminal software

PAL Terminal controller
PAL Terminal controller
新しくなったハンディターミナル
Terminal software
Terminal software
※PC上からPALを操作

GCマウンティングキット

GCマウンティングキット

・Agilent GC models 6890/7890
・Bruker Gc models 451/456
・Thermo Focus GC/Trace 1300&1310GC
・島津 GC model 2010
・日本電子 Master GC

※AMRから販売するPALは各メーカーのGCに搭載可能。
※上記以外の各社GC、GC-MSにも対応します。

関連資料

下記より製品の関連資料PDFをダウンロードいただけます。

製品動画

■PAL:シリンジ交換

■PALによるThomsonフィルター処理の自動化

■PALによるバイアル自動秤量(天秤インテグレーション)

■PALによるピペットツール(バイアルキャップ開閉)デモ

■PAL System Digest:シリンジ交換・冷却保存・ボルテックス・遠心機

サポート関連

サポート情報を掲載しております。クリックして頂くとブログページへ移行します。

■PALテンションコードの交換方法

■PAL Sample Control Tips - Task "Clean Syringe"

■【RTC-PAL】ツール取り外し方法

実例紹介

PAL RTCの実例をご紹介いたします。
準備中です。しばらくお待ちください。