エーエムアール株式会社 > AMRレポート > 【旧型PALサポート情報】テンションコード交換方法 
サポート情報
2016/04/11

【旧型PALサポート情報】テンションコード交換方法 

AMRレポート

【 テンションコード交換方法 】

 ※テンションコードの伸びは、位置ズレ、ニードル折れ、ニードルでのバイアル搬送による不具合を発生させます。

 

適応機種;HTC/HTC-xt/HTS/HTS-xt/Combi/Combi-xt

 ※必要な部品及び工具

・テンションコード90mm

・テンションコード280mm

・トルクスドライバー T8

・トルクスドライバー T10

・六角レンチ Hex2.5

 

※作業をはじめる前に以下の作業を行って下さい(②、③は省略可)。

①    PALコントロールソフトの停止(Cycle Composer,アドオンの場合は、ソフトとPALの通信接続を切って下さい。)

②    ファームウェアのバックアップ(PCのPAL Loaderより。詳細はPAL簡易取扱説明書参照)

③    バックアップの停止(必ず、PAL Loaderソフト上の”Start PAL”を押してから停止させて下さい。)

④    PAL本体電源OFF

PAL電源Box.jpg

 ⑤ PALの位置を少し移動させて下さい(HTC/HTC-xt/HTS/HTS-xtの場合)

  黒いユニットがZ軸内から引き出せる空間を確保して下さい。

 

 1.コネクター(Powerとハンディーターミナル)を抜いて下さい。

 Powerはコネクター部分をスライドさせる様に抜き、ハンディーターミナルは摘みを押しながら、抜いて下さい。

PAL電源コネクター.jpgPALターミナルコネクター.jpg

 

2.シリンジとシリンジホルダーを取り外して下さい。

 シリンジホルダーはマグネットで固定されているだけですので、簡単に取り外せます。

PAL シリンジホルダー外し.jpg     

 

3.トルクスドライバー T10でZ軸上部のネジを外して下さい。

 PAL Z軸T10ネジ.jpg

 

4. 上蓋裏のテンションコードを外して下さい。

 結び目で引っ掛かっているだけですので、スライドすれば外れます。

 PAL Z軸上段ゴム.jpg

 

 5.下部側のテンションコードを外して下さい。

 結び目で引っ掛かっているだけですので、矢印の方向へ押し出し、外して下さい。

PAL Z軸下段ゴム.jpg

 

 6.黒いユニット裏のカバーが外せる位置まで、六角レンチ Hex2.5でストッパーを調節して下さい(下げます)。

 Combi/Combi-xtの場合、Z軸の下部にAgitetorを開けるプレートがあるため、下げる距離が少し大きくなります。

PAL Z軸ストッパー.jpg

PAL Z軸カバー裏空間.jpeg

 PAL Z軸GC.JPG

 

 7.トルクスドライバー T8でカバー側面のネジ(計5個)を外して、カバーを取ります。

PAL Z軸側面ネジ2個.jpg

PAL Z軸側面ネジ3個.jpg

PAL Z軸カバー.jpg 

 

8.90mmテンションコードを外して下さい。

 まっすぐ上に引っ張ると抜けます。

PAL Z軸90mm取り外し1.jpg

 

 280mmテンションコードと同じように、引っ掛かっている結びめを押し出すように、外して下さい。

 PAL Z軸90mm取り外し2.jpg

 

9.90mmテンションコードを取り付けます。

 テンションコードは引っ張りながら、メカニカルストッパー取り付けます。

copy_PAL Z軸90mm取り付け.jpg

  PAL Z軸90mm取り付け2.jpg

【大丈夫な取り付け】

 結び目を基板とは反対に向けて下さい。

 メカニカルストッパーとシャフトが面位置になるように付けて下さい。

PAL Z軸90mm取り付けOK.jpg

不適切な取り付け方

・結び目が基板側に向いているため、上下の動作時に基板を破損する可能性があります。

・メカニカルストッパーが上下逆になっているため(ストッパーとシャフトの接地部に空間が出来ている)、動作時に外れる可能性があります。

PAL Z軸90mm取り付けNG.jpg

 

 10.カバーとネジ5個を付けて下さい(トルクスドライバー T8を使用)

 Combi/Combi-xtの場合、フラッシュガスチューブを潰さないように取り付けて下さい。

 PAL FlushGassTube.jpg

 

 11.Z軸カバーにテンションコード280mmの結び目を引っ掛けて下さい。 

PAL Z軸280mm取り付け.jpg

 

 12.”11.”をZ軸内に通しスリットの入っている側から引き出します。

PAL Z軸280mm取り付け2.jpg

 

13.テンションコード280mmの結び目を黒いユニットの下側に引っ掛けて下さい。

PAL Z軸280mm取り付け4.jpg

14.Z軸上部のネジを締めて下さい(トルクスドライバー T10)。 

PAL Z軸T10ネジ.jpg

 

15. ストッパーの位置を元に戻して下さい。

PAL Zストッパー.jpg

 16.各オブジェクトの位置合わせを確認して下さい。(詳細はPAL簡易取扱説明書参照)

 

以上 

2016/4/11作成

正司