エーエムアール株式会社 > AMRレポート > 【PAL共通 サポート情報】PAL Sample Control Tips - Task "Clean Syringe"
サポート情報
2016/09/01

【PAL共通 サポート情報】PAL Sample Control Tips - Task "Clean Syringe"

AMRレポート

PAL Sample control のタスク "Clean Syringe" です。

シリンジ洗浄の工程が全て含まれる便利なタスクです。では、どのような設定が出来るか見ていきます。

このタスクは、洗浄溶媒(ウォッシュステーション)に対してだけのものになります。サンプルでの”共洗い”は、別に作成する必要がありますのでご注意ください。

・WashStation : 使用するウォッシュ(洗浄)ステーションを選択します。

 設定値 : Wash1, Wash2など

・CleanCysles : 洗浄回数を入力します。

 設定値 : 0~99。

・FillLevel : 洗浄時、シリンジを満たす量を%で指定します。

 設定値 : 0~100%

 ※例 100ulシリンジで40%のFillLevel設定だと、40ulまで吸って吐き出します。

   大きめのシリンジを使用した際、溶媒の使用量を節約できます。

・WashPenetration〔mm〕 : 洗浄溶媒を吸う時の深さになります。

・FillSpeed〔ul/s〕 : シリンジの吸引速度を設定します。

・PullupDelay〔ms〕 : シリンジが吸引した後から次の動作に移るまでの時間。

 設定値 : 0~10000〔ms〕

・EjectSpeed〔ul/s〕 : 吐出速度を設定します。

サンプルや溶媒に合わせて各設定値を調整します。