ライフサイエンス分野における研究・分析のご相談ならエーエムアール(AMR)へ

Agilent 1260 Infinity Multi-GPC/SEC System

エーエムアール株式会社 > 実験ステップから探す > 分析・測定 > Agilent 1260 Infinity Multi-GPC/SEC System

正確で情報量豊富なデータを提供する最先端のトリプル検出



光散乱検出器、示差屈折率検出器、粘度検出器を備えた Agilent1260 Infinity マルチ検出器 GPC/SEC システムは最先端の
GPC/SEC を実現します。このトリプル検出アプローチにより、従来の濃度ベースの検出テクニックでは
測定できない他のポリマー特性の分析(絶対分子量測定、分子サイズおよび回転半径(Rg)、長鎖分岐測定、固有粘度)も円滑化します。

特 長

MDS は 1260 Infinity LC や 1100seriesLC だけでなく、どのメーカーの LC にも接続 OK です。

総合的 :複雑なマルチ検出器の GPC オペレーションを単純化
簡便性 :既存の検出器からのデータを取り込みと解析が可能
凡庸性:どのメーカーの LC に接続可能
高品質な結果 :どの検出器も優れたベースライン安定性と高い S/N 比性能
順応性 :検出器の追加は、いつでも OK 安全性 :溶媒のリークセンサーを複数内蔵



検出器の組み合わせは自在

機 能

絶対分子量を測定する光散乱検出

パワフルなデュアルアングル光散乱検出器は、15°と90°の角度で、ポリマー分子による単色レーザー光の散乱を測定します。
濃度検出器のデータと組み合わせれば、以下のことが可能になります。

・カラムキャリブレーションを必要としない絶対分子量

・分子サイズおよび回転半径(Rg)の精密測定
・長鎖分岐の直接測定

ポリマー挙動の新たな知見が得られる年度測定

粘度検出器は、溶液中のポリマー分子の粘土を測定する賢牢で感度の高いモジュールです。
濃度検出器のデータを組み合わせれば、以下のことが可能です。

・カラムキャリブレーションに用いた標準物資に左右されない精密な分子量測定
・構造測定
・マーク・ホーウィンク・桜田のパラメータ
・幅広い分子量にわたる精密な分岐測定

アプリケーション事例

星型分岐ポリマー

多くの市販ポリマーは、比較的容易に星形の分岐を作成することができます。 濃度検出器(通常は屈折率検出器)を
粘度計と組み合わせた GPC の使用は、物質の分子量を測定するだけでなく、 星型の分岐構造を研究するために使用することができます。


製品情報

下記より製品資料をPDFにてダウンロード出来ます



その他Agilent社製 GPC/SECシステム

エーエムアールは日本国内におけるアジレント・テクノロジー社製 GPC/SECシステム、
カラム、スタンダードの販売とサポートの窓口です。
Agilent products.png