エーエムアール株式会社 > AMRレポート > 【製薬・バイオ医薬品】質量分析による蛋白質-蛋白質複合体の解析
実例紹介
2016/04/07

【製薬・バイオ医薬品】質量分析による蛋白質-蛋白質複合体の解析

AMRレポート

高分子の検出は、MALDI法などでイオン化して、飛行時間型質量分析計でマイクロチャンネルプレート(MCP)を用いて検出する。一定の電圧で加速されたイオンの質量が大きければ大きいほど、MCPに衝突する速度が遅くなるため検出感度は低くなる。この欠点を克服するために、前段に二次イオン生成とこれらを高電圧加速する新しい検出器が開発され、IgM(973kD)のような高い質量をもつ生体分子のintact質量が測定できるようになりました。

さらに、非共有結合性タンパク質の複合体を安定させる試薬も持っており、”抗体抗原反応の解析”や”エピトープのマッピング”、抗体医薬で必ず問題になる”タンパク質凝集の解析”、”蛋白質相互作用の阻害アッセイ”が可能です。

受託解析についての詳細はお問い合わせ下さい。

 

※この分野の製品を見る