ライフサイエンス分野における研究・分析のご相談ならエーエムアール(AMR)へ

ProNET

細胞溶解(Cell Lysis)・蛋白質抽出用のバッファー


非イオン性共重合体界面活性剤と非イオン性界面活性剤を独自のモル比で混合
しており、その優れた溶解性により蛋白質の活性を保持したまま抽出が可能です。

ProNET LIVE2.png

特 長

・酵素活性(チロシンキナーゼ等)を保持したまま可溶化が可能

・免疫沈降においてbeit蛋白質を活性を持ったまま抽出できるので
  相互作用タンパク群を非特異的吸着を抑え効率よく回収可能

・Gタンパク質等にも使用可能

・細胞溶解、免疫沈降、活性測定アッセイで大きな効果

 

製品資料

下記より製品資料をPDFにてダウンロード出来ます