ライフサイエンス分野における研究・分析のご相談ならエーエムアール(AMR)へ

AMRプロテインユニバーサルキット

エーエムアール株式会社 > 実験ステップから探す > サンプル前処理 > AMRプロテインユニバーサルキット

蛋白質前処理キット

AMR プロテインユニバーサルキットは、疎水性修飾部位と多糖体骨格を併せ持つ直鎖型の両親媒性のポリマーです。
疎水性相互作用を通じて、タンパク質の疎水性部位をマスキングすることで、アグリゲーションを防ぎ、
溶解性を向上させ 様々な蛋白質の安定性をはかります。
PAL Sample Control&Terminal(ソフトウェア・ハンディターミナル)

特 長

膜蛋白質や疎水性蛋白質の可溶化

・界面活性剤なしに高濃度の膜蛋白質やフュージョン蛋白質を可溶化することが可能
ショットガンLC/MS解析の前処理

組織や細胞からのライセートの可溶化時に添加するだけで除去作業もなく膜蛋白質の同定数が向上する。




通常のトリプシン液中消化と比較してAMRプロテインユニバーサルキットで可溶化処理の場合、蛋白質同定数は
 43%増加、膜蛋白においては44%の増加を確認しました。

アプリケーションA



1. 膜蛋白質の可溶化

2.フュージョン蛋白質の可溶化
3.セルフリー合成での膜蛋白質可溶化
4.免疫沈降法での非特異吸着を減少
5.蛋白質精製での高回収
6.界面活性剤の代替えとして

アプリケーションB



1.蛋白質の結晶化での凝集を防ぐ
2.高濃度の蛋白質での凝集を防ぐ
3.容器や精製ビーズ等への非特異吸着が減少
4.蛋白質精製での高回収
5.MS、NMR、X線解析、CDなどへ直接解析が可能
6.蛋白質の安定化剤、リフォールディング剤として


“AMR-蛋白質前処理キット“を使用した研究事例

“Polymer-based cell-free expression of ligand-binding family B G-protein coupled receptors without detergents”
(Protein Sci.2011 Jun;20(6):1030-41.doi:10.1002/pro.636.Epub 2011 May3.)

製品資料

下記より製品資料をPDFにてダウンロード出来ます



※この製品を利用した研究事例

・Klammt C1, Perrin MH, Maslennikov I, Renault L, Krupa M, Kwiatkowski W, Stahlberg H, Vale W, Choe S.
"Polymer-based cell-free expression of ligand-binding family B G-protein coupled receptors without detergents."Protein Sci. 2011 Jun;20(6):1030-41. doi: 10.1002/pro.636. Epub 2011 May 3.

・Guild K1, Zhang Y, Stacy R, Mundt E, Benbow S, Green A, Myler PJ.
"Wheat germ cell-free expression system as a pathway to improve protein yield and solubility
for the SSGCID pipeline.
"
Acta Crystallogr Sect F Struct Biol Cryst Commun. 2011 Sep 1;67(Pt 9):1027-31. doi: 10.1107/S1744309111032143. Epub 2011 Aug 31.

 


関連情報

下記より資料をPDFにてダウンロードできます