ライフサイエンス分野における研究・分析のご相談ならエーエムアール(AMR)へ

Agilent 1260 Infinity Bio-MDS

高分子特性解析のために究極の強力なツール

Agilent 1260 Infinity バイオイナートクォータナリLC システムに光散乱検出器(デュアルアングル光散乱検出器と動的光散乱)
や粘度計を取り付け、高分子特性解析を行うことが可能です。



特 長

生体高分子の詳細を知る


・液クロ・検出器 どちらも完全なイナート構造

・ダブル光散乱検出器と粘度計を搭載可能
・極小のフローセルで感度と再現性を向上

接液部にステンレスを用いない完全なイナート検出器


・静的光散乱検出器(デュアルアングル)
・新しい動的光散乱検出器(デュアルアングル)
・粘度計 ( シリカブリッジ )

アジレント GPC/SEC ソフトウェアでワークフローを簡素化

アプリケーション例

ウシガンマグロブリンのアグリゲーションに対する過剰な熱処理の影響

モデルとしてウシガンマグロブリン(IgG 抗体)を用いて、 試料を 4 ミリグラム / mL の濃度で調製しました。
一部は、短時間に 70℃の温度にさらされ、室温に保たれた残りの サンプルと比較されました。
より高い温度において、タンパク質は溶液から沈殿します。
光散乱検出は、より高い分子量領域において特に高感度で、 タンパク質中のアグリゲーションの検出を助けることができます。
Protein Aggregation: A Multiple Detector Investigation into Size Exclusion Chromatography
Linda Lloyd 1; Andrew Coffey 1; Keeley Mapp 1; James Martosella 2; Maureen Joseph 2
1. Agilent Technologies UK Limited, Essex Road, Church Stretton, Shropshire, SY6 6AX, UK
2. Agilent Technologies, 2850 Centreville Road, Wilmington, DE 19808, USA

製品情報

下記より製品資料をPDFにてダウンロード出来ます

その他Agilent社製 GPC/SECシステム

エーエムアールは日本国内におけるアジレント・テクノロジー社製 GPC/SECシステム、
カラム、スタンダードの販売とサポートの窓口です。