エーエムアール株式会社 > AMRレポート > 【旧型PALサポート情報】インジェクションユニット交換方法
サポート情報
2016/01/05

【旧型PALサポート情報】インジェクションユニット交換方法

AMRレポート

【 インジェクションユニット交換方法 】

 ※複数のオプション仕様の場合、Z軸の入替え作業が発生することがあります。

適応機種;HTC/HTC-xt/HTS/HTS-xt/Combi/Combi-xt

 ※必要な部品及び工具

・  インジェクションユニット(以下Z軸)

・  トルクスドライバー T20

・  予備ネジ3個(ユニット接続用。元々付いているネジを使うこともできます。)

 

※作業をはじめる前に以下の作業を行って下さい。

①    PALコントロールソフトの停止(Cycle Composer,アドオンの場合は、ソフトとPALの通信接続を切って下さい。)

②    ファームウェアのバックアップ(PCのPAL Loaderより。詳細はPAL簡易取扱説明書参照)

③    バックアップの停止(必ず、PAL Loaderソフト上の”Start PAL”を押してから停止させて下さい。)

④    PAL本体電源OFF

PAL電源Box.jpg

 

作業を行う際は、2名で行うことをお薦めします(慣れてくれば1人でも出来ます)。

 

 1.コネクター(Powerとハンディーターミナル)を抜いて下さい。

 Powerはコネクター部分をスライドさせる様に抜き、ハンディーターミナルは摘みを押しながら、抜いて下さい。

PAL電源コネクター.jpgPALターミナルコネクター.jpg

 

2.シリンジホルダーを取り外して下さい。

 マグネットで固定されているだけですので、簡単に取り外せます。

PAL シリンジホルダー外し.jpg     

 

3.シリンジホルダーを外すと、3つの穴があります。

4.黒いユニットをスライドさせ、下側のネジ(2個)を見つけて下さい。

 PAL Z軸下側ネジ2個.jpg

 

5.ネジをトルクスドライバーT20で外して下さい。

 右下のネジから取ることを推奨します。

 右下のネジはテンションコードがありますので、コードが邪魔をしてネジが落下しますので紛失に気をつけて下さい。

PAL Z軸テンションコード側ネジ外し.jpg

 

6.黒いユニットを少し上げるとネジが1個見えます。

 同様に外します。

 3つのネジを外すと、接続はコネクタのみとなるので、Z軸が落下しないよう注意して下さい。

PAL Z軸上側ネジ1個.jpg

 

7.コネクタを外します。

PAL Z軸コネクター位置.jpgPAL Z軸コネクター外し.jpg

 

8.交換用のZ軸と入れ替えます。

 コネクタを接続し、Y軸の突起とZ軸の穴を合わせて下さい。

PAL Z軸PIN.jpg

 戻し方は6.から逆の順番に実施して下さい。

 

9. Z軸交換後は、必ず各オブジェクト(トレイ、WashStation、インジェクター等)の位置調整の確認を行って下さい。

  (PAL簡易取扱説明書参照)

 

以上 

2016/4/7作成

正司